適性検査なら不適性検査スカウター

優秀な人材の確保

企業にとって、大切なものといえば「人材」です。
優秀な人材を確保することは、企業の今を支えるだけでなく、企業の将来にとって大きな力となるからです。
しかし、現実問題として、給料が特別良いわけでもなく、知名度もさほど高くはないという中小企業、あるいは零細企業の場合、優秀な人材を確保したいと思ってもなかなか優秀な人材が集められないというのがあります。

また、多くの応募者が殺到する人気企業の場合でも、大量の応募者の中から面接や採用試験で優秀な人材を見いだすというのは、なかなか難しい作業といえるでしょう。

特に最近の就職希望者は、新卒採用や中途採用に関わらず、採用が決まっても長続きしなかったり、いつまでたっても成長しないという問題のある人材も多いといいます。

 

不適性を検査する

そこで、企業の採用担当者におすすめしたいのが、採用を決定する前に、あらかじめ問題となる内面や特性がないかをチェックすることができる「不適性検査スカウター」というWEB適性検査です。

通常、企業が採用試験などで行う検査は「適性検査」といって、個人の適性をチェックする内容となりますが、「不適性検査スカウター」の場合は、応募者個人が持っている不適性をチェックします。

仕事への不適性はもちろんのこと、働くこと、すなわち「労働」に対する不適性もチェックすることができます。
実際に採用した新入社員が問題を起こす場合というのは、採用した人材が会社および仕事に不適正であったからにほかなりません。

不適性検査スカウターでは、学力に問題がないかを問う能力検査(学力検査)、個人の潜在的な性質などを見極める資質検査(性格検査)、メンタル面のマイナス傾向を検査する精神分析検査、日々の業務で発生するストレスや離職リスクなどを把握するための定着検査という4種類の検査があり、目的に応じた適性検査を選ぶことができます。

このように、不適性検査スカウターで人材の内面・特性を確認することができれば、ミスマッチ採用が減り、企業にとっても従業員(応募者)にとっても良い関係を生み出すことができるはずです。