業界唯一の不適性検査

問題点を見抜く

企業が人材を採用する際に行う採用試験では、面接のほかにその人が備え持っている学力や性格、能力などをチェックする学力検査や適性検査などが行われることが多いです。

特に性格や能力をチェックする適性検査は、書類や面接だけでは見抜けない応募者個人の特徴や、応募者個人が本来持っている能力の強さや特徴をデータとして確認することができる参考資料として扱われることが多いようです。

しかし、このようにして慎重に採用活動を行った場合でも、新入社員がすぐに辞めてしまうとか、仕事に対して不平不満ばかりでちっとも成長しない…といった結果になってしまうことも少なくありません。
これは、採用時に応募者個人の長所ばかりにとらわれ、個人の内面に潜んでいた問題点=不適性を見抜くことができなかったために起こるトラブルであると考えられます。

そこで、採用時の適性検査としてオススメしたいのが、業界で唯一、不適性な傾向をチェックすることができる「不適性検査スカウター」と呼ばれるWEB検査です。

不適性検査の活用

不適性検査スカウターは、初期設定など面倒な作業をせずにすぐに使うことができる検査で、学力を問う能力検査(学力検査)、性格適性を問う資質検査(性格適性検査)、メンタル面の傾向を見極める精神分析検査、日々の業務でのストレスなどを測定する定着検査といった4つの種類があります。

検査は長いものでも制限時間は30分となっており、短時間で行うことができるので、受検者にとっての負担もかかりません。
しかもWEB検査であれば即時結果を確認することができるため、スピーディーな対応が可能となります。

このような不適性検査を人材採用の際のチェックツールとして使用すれば、入社後に発生する社員のトラブルを大きく減らすことができるでしょう。
また、すでに働いている従業員に対して行えば、マネジメント側が気付くことができなかった従業員の日々の不満などを知り、対策をとることもできます。